電脳せどりの販路について

【重要】販路の事

 

電脳せどりの販路について

現代の消費者は、インターネットを通じて商品を購入することが一般的になりました。

今回のブログでは、電脳せどりで仕入れた商品を「早く」「たくさん」売る為の販路を紹介します。

Amazonなどの「ECモール編」、ヤフオクなどの「フリマ編」これからの時代を見越した「番外編」の構成でお伝えしていきます。

 

ECモール編

  1. Amazon.co.jp: Amazonは日本国内で最大のオンラインマーケットプレイスです。多くの消費者が利用しており、幅広い商品カテゴリーを提供しています。Amazonでの出品は、信頼性の高い販路となります。
  2. 楽天市場: 楽天市場は、日本国内で人気のあるオンラインショッピングモールです。多くの出品者が商品を販売しており、楽天のプラットフォームを活用することで、幅広い顧客層にアクセスできます。
  3. Yahoo!ショッピング: Yahoo!ショッピングも日本国内で利用されているオンラインマーケットプレイスです。Yahoo! Japanのユーザーが利用しており、商品を展示することで多くの顧客にアクセスできます。

フリマ編

  1. メルカリ: メルカリは、日本国内で人気のあるフリーマーケットアプリです。中古品から新品までさまざまな商品が出品されており、手軽に商品を売買できます。
  2. ヤフオク: ヤフオクは日本国内で最大のオークションサイトであり、オークション形式での取引が可能です。希少な商品やコレクターズアイテムを売るのに適しています。
  3. ラクマ: ラクマは、フリーマーケットアプリの一つで、主にファッションアイテムや雑貨を取り扱っています。若い世代に人気があります。
  4. メルカリショップス: メルカリショップスは、メルカリの公式ストアであり、ブランド品や新品の商品を出品できます。

番外編

  1. Amazon.com: Amazon.comは、日本国外で利用されているAmazonの国際版です。世界中の顧客にアクセスできるため、グローバルな展開を考える場合に有用です。
  2. shopee japan: shopeeは東南アジアで利用されているオンラインショッピングプラットフォームで、日本国内でも利用可能です。特にインドネシア、フィリピン、ベトナムなどで人気があります。
  3. LAZADA japan: LAZADAは、日本国内で利用されているオンラインショッピングプラットフォームで、東南アジアでの展開が主な特徴です。

これらの販路を組み合わせることで、電脳せどりで仕入れた商品を効率的に売ることができます。

 

まとめ

国内Amazonのみで販売して「価格競争がー」とか、「仕入れる商品がー」とか今更言ってたらアカンって事です。

日本はこれからどんどん貧しくなっていく国です。2023年、日本人は昨年と比べて83万7千人も減ってます。(ちなみに、山梨県や佐賀県の人口80万人くらい)

毎年、それくらいの規模で日本人が減ってます。これで消費が増えるわけがない。

そんな日本国内でちっさい価格競争して消耗してる場合じゃないっすよ。

幸い、日本製品は海外で人気なので、日本が強いうちに海外に進出していきましょう!

手遅れになるまえに。

 

Amazon輸出に興味がある方は直接ご連絡下さい。